Little Tokyo Service Center and Keiro Collaborate to Expand Assistance for Japanese Older Adults

Partnership initiative provides new staffing, expanded programs and financial help for older adults

For Immediate Release
September 18, 2017

Little Tokyo Service Center
231 E Third Street, G106
Los Angeles, CA 90013

Little Tokyo Service Center:
Contact: Mark Robbins, mrobbins@LTSC.org

Keiro:
Contact: Hiromi Aoyama, haoyama@keiro.org

LOS ANGELES, September 18, 2017 – For many older adults, managing healthcare needs and other personal affairs can be daunting. The stress of responding to letters from the Social Security Administration, arranging transportation for medical appointments or resolving problems with a landlord can lead to feelings of anxiety, isolation and depression. Among Japanese American and Japanese older adults, there is a significant need for support services. This is particularly true for monolingual Japanese speakers. Friends and family members who assume the responsibility of caring for older adults face their own set of challenges, and can themselves benefit from information and support.

For decades, Little Tokyo Service Center (LTSC) and Keiro have provided health and mental health-related services and programs for Japanese American and Japanese older adults and their caregivers. Today, the two organizations announced a partnership initiative to expand and enhance LTSC’s existing bilingual services, while integrating Keiro’s experience, knowledge and resources. Through a three-year, $500,000 commitment from Keiro, the collaboration will:

  • Enhance programs at the Far East Lounge. The Far East Lounge, LTSC’s multi-purpose gathering space for older adults and others in Little Tokyo and surrounding areas, organizes fun activities to improve memory, physical health and social wellbeing, as well as reduce isolation and depressive symptoms. Keiro funding will support the addition of a counselor to help older adults and their caregivers connect with needed social services, offer workshops on topics like managing memory loss and coping with challenges, and broaden LTSC’s community engagement efforts to reach more seniors.
  • Expand LTSC’s capacity to serve caregivers through a caregiver support specialist. LTSC’s bilingual social workers and care managers assist seniors with tasks such as navigating government benefits, translating health and government-related documents, facilitating support groups and maintaining a registry of care providers for those needing assistance in the home. The addition of a caregiver support specialist will allow LTSC to counsel more families, offer additional workshops, expand the number of support groups and recruit and train more care providers to build the registry into a robust resource.
  • Supplement LTSC’s client assistance programs. LTSC’s client assistance programs provide temporary aid to older adults, without other resources, to help them overcome financial predicaments.

“Through our work, we continue to observe a significant need for social services and health care among low-income and Japanese-speaking older adults,” said LTSC’s Executive Director Dean Matsubayashi. “We appreciate Keiro’s commitment to moving forward with LTSC to ensure seniors receive the services they need and deserve. Our collaboration will help LTSC sustain underfunded programs, reach more seniors and promote healthy and independent living for them and their caregivers.”

“Through our work, we continue to observe a significant need for social services and health care among low-income and Japanese-speaking older adults,” said LTSC’s Executive Director Dean Matsubayashi. “We appreciate Keiro’s commitment to moving forward with LTSC to ensure seniors receive the services they need and deserve. Our collaboration will help LTSC sustain underfunded programs, reach more seniors and promote healthy and independent living for them and their caregivers.”

Leona Hiraoka, President and Chief Executive Officer of Keiro, adds “Older adults today, particularly those in the Japanese community, are living much longer lives, so their needs as they age can cover a broad spectrum, from opportunities for social interaction and education, to more serious concerns for physical and mental health support. We are honored to partner with Little Tokyo Service Center in enhancing the great work they already do in our community, and together, help to improve the quality of life for the oldest of our citizens.”

####

About Little Tokyo Service Center

Little Tokyo Service Center (LTSC) is a social service and community development organization that has been creating positive change for the people and places in Southern California for more than 37 years. Starting with its home in Little Tokyo, the organization builds and strengthens the unique ethnic communities of the region and helps people thrive. Assisting Nikkei seniors has been at the core of LTSC’s work since its establishment in 1979. LTSC’s social services program, which was created to serve monolingual Japanese seniors, is the organization’s longest running program. LTSC’s services for seniors include: care management, counseling and therapy, intake information and referral, support groups, community education workshops and other senior-focused activities that promote wellness. For more information, visit ltsc.org.

About Keiro

Keiro is a mission-driven organization engaged in improving the quality of life for older adults and their caregivers in the Japanese American and Japanese community of Los Angeles, Orange and Ventura counties. Keiro delivers a wide range of resources to address the challenges and barriers that aging presents: isolation, limited financial resources, complex health conditions, and cognitive and memory disabilities. Keiro also partners with companies and organizations that can expand its services and ability to reach seniors and caregivers, and participate in research and innovation work where Keiro can contribute to advancing progress in resolving the challenges of aging. Keiro is based in Los Angeles. For more information, visit Keiro.org.

日系高齢者を支援するためにリトル東京サービスセンターとKeiroが 提携

高齢者のために新たな人材を配置し、プログラムを拡充、財政支援 を提供します

ロサンゼルス、2017年9月18日――必要なヘルスケアや身の回りの 事の自己管理に苦労する高齢者は大勢います。社会保障局(Social Security Administration)からの手紙への対応や、通院するための交 通手段の手配、大家との問題解決などのストレスにより、不安や孤 独、憂うつを感じたりする場合もあります。日系アメリカ人および 日本人の高齢者、特に日本語しか話せない方で支援サービスを必要 としている人は沢山います。また、高齢の友人や家族をお世話する 方々は彼ら特有の課題に直面しているため、彼らにとって役立つ情 報や支援が求められています。

リトル東京サービスセンター(Little Tokyo Service Center: LTSC) とKeiroはそれぞれ過去数十年にわたって、心身の健康に関するサー ビスとプログラムを日系アメリカ人および日本人の高齢者、また介 護者に提供して参りました。本日この2つの法人が、3年間のパート ナーシップを組むことを発表しました。これにより、Keiroの経験、 知識、資源を組み入れ、LTSCが今まで提供してきた2カ国語での社 会福祉サービスをさらに拡大、強化することができます。 3年間のパートナーシップで、Keiroは50万ドルを提供すると発表し ました。提携するプログラムは次の3つです:

  • ファーイースト·ラウンジにおけるプログラム強化。 ファーイースト·ラウンジ(Far East Lounge)はLTSCが運 営する多目的スペースで、様々な用途に使われています。リ トル東京および周辺地域に住む高齢者を含む様々な年代の 人々が利用しており、記憶力の改善、健康増進、社会福祉を 推進するとともに、孤立を防ぎ、抑うつ症状を軽減するため のアクティビティを実施しています。Keiroの資金によりカウ ンセラーを1名増員し、高齢者と介護者が必要な社会サービ スを利用する支援をし、物忘れ対策や様々な課題への対処方 法といったテーマについて学ぶワークショップを開催し、ま たLTSCによる地域活動を拡大し、積極的により多くの高齢 者に手を差し伸べられるようになります。
  • 介護者を支援する専門家1名を雇用し、LTSCの介護者向け サービス拡充。LTSCは現在までに、2カ国語を話せるソー シャルワーカーとケアマネジャーによる、政府給付金の案 内、健康や政府関連文書の翻訳、サポートグループの支援、 在宅支援が必要な方向けの介護者登録簿の維持管理などを通 じ、介護者および高齢者を支援して参りました。このほど介 護者を支援する専門家1名を増員することにより、LTSCはよ り多くの家族の相談に応じ、ワークショップを追加し、サ ポートグループの数を増やすと共に、より多くの介護者を募 り、訓練、登録し、強固な人材供給基盤を築き、介護者およ び高齢者の支援につなげていきます。(介護者には、家族や 友人を家庭で介護する介護者、および職業として有料で働く 介護者が含まれます)
  • LTSCのクライアント(サービス利用者)支援プログラム補 充。LTSCのクライアント支援プログラムは、他に頼れる先 がない高齢者に当座の援助を提供し、金銭的な窮地から抜け 出せるよう手助けします。

LTSCのディーン・松林所長(Executive Director Dean Matsubayashi)は、次のように述べています。「私たちは、以前か ら取り組みを通じて低所得で日本語しか話せない高齢者の間に社会 福祉および健康に関する大きなニーズが存在していることをよく目 にして参りました。高齢者が必要とする、そして彼らが受けるに値 するサービスを確実に受けられるようにするため、KeiroはLTSCと 共に前進することを約束してくれました。Keiroが協力してくださる ことに、私たちは感謝しています。両者の協力は、資金不足にある LTSCのプログラムを持続し、より多くの高齢者に手を差し伸べ、高 齢者とその介護者がより健康的に自立した生活を送ることを推進す るのに役立つことでしょう」

らにKeiroの代表兼最高経営責任者(CEO)を務めるレオナ・ヒラオ カ(Leona Hiraoka)は「最近の高齢者、特に日系コミュニティにい る人々はとても長生きされています。そのため高齢化に伴うニーズ は、社交的な付き合いや教育から、心身の健康維持に対する深刻な 不安に至るまで、幅広い領域におよびます」と述べ、「リトル東京 サービスセンターとパートナーを組み、同センターが既に私たちの コミュニティで行っている素晴らしい取り組みを強化し、両者が力 を合わせて、特に高齢な市民の生活の質を改善するために支援でき ることを光栄に思います」と話しています。

####

リトル東京サービスセンターについて

リトル東京サービスセンター(LTSC)は社会福祉サービスと地域開 発を行う団体で、37年余りにわたって南カリフォルニアの人々と地 域に貢献して参りました。リトル東京で誕生した当団体は、この地 域特有の民族的コミュニティを構築して強化することで、人々の繁 栄を手助けしています。1979年の創設以来、日系高齢者の支援は LTSCの活動の核になっています。日本語しか話せない日系高齢者に サービスを提供する社会福祉部は、当団体で最も長く続いているプ ログラムです。LTSCによる高齢者向けサービスは、ケアマネジメン ト〔住宅、財務、介護 など、その人のニーズに応じたサービスのア レンジなどを提供すること〕、カウンセリングとセラピー、入居情 報と斡旋、サポートグループ、地域社会教育ワークショップ、およ びその他の高齢者向け健康増進活動などを含みます。詳しい情報は こちらでご覧いただけます:ltsc.org

Keiroについて

Keiroは、日系アメリカ人と日本人コミュニティの高齢者およびその 介護者の生活の質を向上させるという理念の下、ロサンゼルス、オ レンジ、ベンチュラカウンティを中心に活動するNPO法人です。孤 立、経済的困難、複数疾患、および認知・記憶障害など、加齢がも たらす多くの課題や障壁に対して様々な支援を提供しています。さ らに多くの高齢者および介護者に手を差し伸べるサービスの拡充を 実現するため、Keiroは企業や他の組織と提携しているとともに、加 齢がもたらす課題解決に向け、研究やイノベーションにも積極的に 参加しています。Keiroはロサンゼルスに拠点を置いています。詳し い情報はこちらでご覧いただけます:Keiro.org

HAVE A QUESTION?

Reach out to us today.