LTSCについて

使命

リトル東京サービスセンター(LTSC)の使命は、低所得またニーズのある人達に社会福祉や地域開発サービスを包括的に提供し、リトル東京をはじめ南カリフォルニアの日系コミュニティーと協力して、地域の活性化と文化の保存に貢献し、近隣のアジア環太平洋系の人々や低所得のコミュニティーに情報を提供することにあります。

歴史

リトル東京サービスセンターは多目的な社会福祉センターの必要性を感じた日系アメリカ人活動家のグループにより、1979年に設立されました。リトル東京コミュニティーと南カリフォルニアのより広範囲の日系コミュニティーに言語と文化を考慮したきめ細やかな社会福祉サービスを提供することを目指しています。

LTSCは1980年代後半と1990年前半に、民間事業開発のために立ち退きを要求された低所得居住者の居住権を主張する代弁活動を開始しました。この活動をきっかけに、LTSCの地域開発部門が1994年に組織されました。

今日、LTSCは支援が必要な方々へ社会福祉サービスの提供はもちろん、地域開発への参加と、リトル東京という地域がコミュニティーの人々のための場であり続けることへの支援に力を入れています。

写真ギャラリー

クリックすると拡大します

チーム紹介

スタッフ&ボランティア

リーダーシップ

ディーン・松林
*事務局長

エリック・ナカノ
臨時事務局長

クリス・アイハラ
特別プロジェクト、資金調達

ボーミ・キム・フェイン
財政部部長

マイク・村瀬
サービス・プログラム部部長

エイミー・フィリップス
シニアサービス部部長

マーガレット・シマダ
社会福祉部部長

グラント・サヌー
計画部部長

ニッキー・ケアラリオ・ストン
開発部部長

鈴木貴雄
地域経済開発部部長

ディック・カク
会長

デービッド・ミタニ
副会長

タッド・ヨシムラ
会計

キャシー・マサオカ
書記

アラン・ニシオ
理事会長

クレア・キタヤマ
理事

トリーシャ・ムラカワ
理事

ミゲル・ヌニェス
理事

エドウィン・タカハシ
理事

アケミ・アラカキ

デニース・アルグェリェス

ジェシカ・チャン

ユージーン・エング

ケルシー・イイノ

ヴィ・グエン

カーク・ササキ

ジェフ・シェーファー

ケリー・タカス
キズナ理事会員

ジョージ・タナカ

キース・テラサキ

キラ・テシマ

ディーン・トージ

カレン・ウメモト

マーク・ウスイ

デービッド・ウエハラ

アラン・ニシオ
理事会長

サカエ・アラタニ

ジェリー・福井

ウォーレン・フルタニ

伊藤富雄

ナンシー・ルー

アントニオ・マニング

ナンシー・マツイ

アルバート・ムラツチ

アンディー・ナカノ

ギルバート・ニシムラ

クリス・パーク

ジャン・ペリー

ミョン・スー・ソック

スティーブン・スズキ

マリエ・タン

ビル・ワタナベ

ジャネット・ヤマモト

*ディーン・松林事務局長は現在、無期限の医療休暇中です

 

LTSCの関連事業

LTSCは、下記関連事業団体の資金面スポンサーも行っています。

Asian Pacific Islander Small Business Program

Asians for Miracle Marrow Matches

Alliance for Community Transit-Los Angeles

日系ヘルプライン

Japanese Speaking Parents of Children with Challenges
手をつなぐ親の会

留学生ホットライン

Tuesday Night Project

.

ご連絡ください

Reach out to us today.