Supporting Survivors | 被害を受けた人をサポートする - Little Tokyo Service Center

Supporting Survivors | 被害を受けた人をサポートする

April is Sexual Assault Awareness Month.

In the U.S. alone, 18% of Asian or Pacific Islander American women and 9% of men reported experiencing rape, physical violence, and/or stalking by an intimate partner in their lifetime.

How do I support someone who has survived sexual assault?

The most important first step is to believe the survivor. Survivors face a tremendous amount of judgment as it is, and if a survivor has chosen to confide in you, it means that they consider you a safe person. The next step is to listen without judgement. While it may be tempting to ask a lot of questions or start giving advice, it is important that you let them tell their story, and actively listening is one of the best ways to do that. The third step is to let your friend know that they are not alone. Offer support, offer your time, and bring up available resources. The fourth step is to empower your friend. This means helping your friend understand the different options, and letting them know that you support their decisions, even if they aren’t the decisions that you would have made.

How should I continue to care for myself, if I am a survivor of a past sexual assault?

You likely have experienced a range of emotions including fear or anxiety, anger, helplessness, sadness, or shame. However, it is important to remember that there is no right or wrong way to feel as a survivor of sexual assault. Here are some tips to take care of yourself as you go through the healing process: (1) Remember that everybody reacts to things differently. (2) Unplug from social media. (3) Talk to a professional. There are many organizations that offer services specifically for survivors of domestic violence and sexual assault. LTSC can help access mental health, advocacy, information/referral or case management services.

4月は性暴力認識月間です。

アメリカでは、アジア環太平洋系女性の18%、男性の9%が、付き合いのあるパートナーからレイプ、身体的暴力、つきまといなどの経験があると分かっています。

被害を受けた人をどのようにサポートできますか?

最も大切な一歩は、被害者を信じてあげることです。簡単に聞こえますが、被害者はすでにとてつもない批判に直面しており、被害者があなたに話をするということは、あなたを信頼し、安全な人だと思っているからです。まずは信じてあげましょう。そして次は、意見を言わず、話に耳を傾けてあげることです。質問やアドバイスをしたくなりますが、大切なことは、相手に話す機会を与えてあげることです。そして、「一人ではない」と伝えてあげることです。支援を申し出て、利用できる情報などを共有しましょう。最後に、被害者を力づけてあげることも大切です。癒しのプロセスを通じて乗り越えるためにはさまざまな方法があることを伝え、どんな方法を選ぼうとも、その決断を支持し、応援することを伝えてあげることが大切です。

もし自身が性被害に遭った場合、どのように自分をケアすればよいでしょうか?

恐れや不安、怒り、無力、悲しみや恥など、さまざまな感情の起伏を経験されたことでしょう。大切なことは 、被害に遭ったものとして、湧き上がる感情に正しいも、間違いもありません。以下、癒しの プロセスを通じ自身を大切にする上で知っておくといい事柄です:(1)物事に対する反応は人それぞれです。(2)SNSから離れましょう。(3)専門家に相談しましょう。ロサンゼルスには、家庭内暴力や性暴力の被害者のためにサービスを提供している団体があります。LTSCでも、メンタルヘルス、アドボカシー、情報提供や照会、ケースマネジメントのサービスを受けることができます。

This article was from our quarterly Social Services Newsletter, which you can subscribe to below.

この記事は、ソーシャルサービスニュースレターからのものです。

No Comments

Post A Comment
Accessibility Tools
hide